top of page
検索
  • 執筆者の写真Kaishu Yagi

SELFLINERNOTES: Ash / No Fun

No FunのAshという曲のミュージックビデオを製作しました。


No Funとの製作、

というよりボーカル内田秋との製作は、

自分の中でかなり特殊な位置付けになっていますね。

特に映像作品の場合は。


ぼくも秋さんも、

ものづくりの根底にパンク的なアティテュードがあって。

端的に言うと普通のことはしたくないし、

スクラップ&ビルトは基本中の基本。

そういう奴らが真正面から意見をぶつけ合うわけだから

めちゃくちゃその時の自力を

試されてる感じがするんですね。


今回も例に漏れず、

MVの構成を決めるミーティングでは

お互いの意見の極めて前向きな否定のし合い、

とでも言うようなやりとりが無限に続いた。

そうして破壊した沢山のアイデアを二人で構築して、

また壊して、つくって、

そういう風にアイデアを固めていった。

文で書くとどうしても陳腐になってしまうけど、

MV3本はできるくらいの時間とアイデアを要したと思う。

そんでできた。



裏の裏は表であるように、

逆張りを突き詰めていくと順張りになる。

出来上がったこの映像は結果的に素直なものになったと思う。

それでいい!

ハナから順張りしていたそれと、

逆張りを突き詰めて辿り着いた順張りとでは、

少なくとも自分の中ではかなり意味が違う。

表現はピュアであればあるほど自己満足になる

(それが人を感動させるかどうかはまた別軸の話)

と思っているので、これでいい!













これは作中の"Ash"の題字のラフ、

紆余曲折を経て現在の形に


サビで出てくる"足りない想像力"って

めちゃくちゃいい言葉ですよね。

ぼくもめちゃくちゃこれを思う時があるけれど

そう思っているうちは大丈夫なんだとも思っています。

満足せずにいたいね!



コメント


bottom of page